受験では中学でも高校でも大学でも基礎がとても重要です。基礎学習ができていないと上に上がるほど学力に問題が出てくるのです。難解な問題を解くには応用力が必要となりますが、応用力を付けるためには確固たる基礎力が必要です。基礎学習ができていない状態でもある程度の問題は解けますが、本当の実力が問われる大学受験時になってから、基礎学力が低いことが問題となる事が多いのです。

そのため、基礎の基礎といわれる小学校の勉強は中学に上がる際、小学校よりずっと難しくなる勉強をこなすために重要です。また小学校時代から勉強する癖、リズムを付けておくことは将来高校受験や大学受験の際の受験勉強に強い味方となるはずです。

小学校で勉強が嫌い、親から言われて仕方なく勉強しているという事では中学受験にもし受かったとしても、その後中学という親の言う事を聞かなくなる年代になってから勉強するとは思えません。小学校で「わからない」状態を作らないことがとても大切です。勉強が分らなくなると嫌いになります。わかってくると面白くなってもっと勉強したいという気持ちが出てくるものです。

小学校時代は親がある程度のレールを引いてあげることも必要です。快適に勉強できる環境、生活リズム、癖をつけて上げることも、中学受験成功の秘訣となるのです。