中学受験なのだから、まだまだ大学受験まで間があるし、そう急いで先を決める必要はない・・という保護者の方もいます。確かに中学受験の際には小学校6年生ですから、大学をどこにしようとか、将来何になろうとか明確なビジョンを持った子供は少ないでしょう。

でも、中学受験をする学校をどこにするかによって、大学受験に大きくかかわってくるという事は理解しておかなければなりません。例えば私立大学への進学を考える時、その私立大学への付属校となっている中学受験があればその中学への受験をしておく方がずっと有利です。

中高一貫教育の中でも完全中高一貫教育(高校募集がない学校)では、高校受験の年代に他の私立大学への受験を行う際、もしその高校の受験で不合格となっても、元の一貫教育高校への進学はできないという条件を打ち出している学校も少なくありません。部外高校への受験をするとき、中高一貫教育の内部進学の資格を失ってしまいます。

理想の形、希望でもいいのでどういった大学に進むのか、ある程度のビジョンを中学受験の時点で多少固めておく必要があるのは、こうした中学、高校年代で色々な問題が出てくるからです。ある程度の構想を決めておかなかったことで、将来、取り返しがつかない状態になってしまうお子さんもいますので、ご両親ともども、どういった進路を考えているのか、中学受験時にしっかり考えておく方が安心でしょう。