中高一貫校は魅力があります。お子さんからしても大きな魅力があると思いますが、保護者にとっても、高校での受験負担が少ない事、教育方針が中学、高校と一貫していることなどメリットは多数あります。

中学校、高校と受験する場合、その6年間の中の多くの時間を受験勉強に費やすことになります。でも中高一貫教育では6年間のうち、試験勉強に追われることなく学力を向上させていけるため、負担も少なく、学力、知識をしっかり身に着ける事ができるといわれています。

受験の難易度というとその学校によって違いがありますが、大学進学の合格上位校をみても中高一貫教育校の受験難易度が高いことがわかります。国公立大学や有名私立大学などに合格している上位校を見ると、私立や国立などの中高一貫教育校が占めているという結果が示されているのです。中学、高校共に中高一貫教育の整った教育方針の中で、入試に関わることなくしっかりとした学力をつける事ができるため、難関大学合格率が飛躍的に高いといわれているのです。

中学校受験について中高一貫教育へ名門公立校が名乗りを上げています。中高一貫教育に有名進学校が続々と進出しているところを見ると、中高一貫教育を行う中学受験の難易度は、これからさらに上がっていくと考えられます。