中学受験では最近県立の中高一貫教育を行う学校の受験も多くなってきています。中高一貫教育は中学から高校に行く際の受験の負担が少ないという大きなメリットがありますので、保護者の皆さんにとっては魅力ある受験といえます。中学から高校受験によって高校に入学し、これまでの教育方針と全く違う教育方針の学校でお子さんが戸惑うということもないので、学力も向上しやすいといわれています。

県立の中高一貫教育では、高校段階の募集を行わないという所も多く、高校段階で別の中学から入学等してくることがない学校もあります。この学校に入ったからには高校修了まで在校することが求められるため、もしも他の私立高校等に受験をしたいと考える時、リスクが高くなります。

私立高校など外部の高校を受験し合格すればいいのですが、仮に落ちた場合、中学から附設している高校へ進学する資格を失うという条件がある事も多いのです。いわゆるペナルティ規定というものですが、こうした条件がある事を知らずに中高一貫教育の学校へ入学し、その先、高校受験の時に外部高校への受験も考えていこうと思っていると、かなり面倒なことになります。

中学受験の志望校を決める前に、必ずその先の事も配慮して決める必要があります。もちろんお子さんの考えが途中で変わる事もありますが、そういったことも頭に入れながら志望校選定を行っていきましょう。