高校受験では受験される学校の学力テストは1回です。推薦入試などを別枠で行うところがあるにしても、実際には学力テスト、面接がそれぞれ1回ずつ行われ、それを受けて合否判定されます。でも中学受験はこれに当てはまりません。

中学受験では同じ学校で2回から3回入試が実施されることが多く、その入試日によって難易度、倍率共に変化します。難易度や倍率が上がれば当然合格率も違ってくるため、どの日程で受験するかによって合否に差が出てきます。そのため、志望校の過去の入試日程と日程毎の難易度を確認しておくとある程度目安となります。

最初の入試である中学はかなりの難易度となり、入試の2回目の日程では少々難易度が下がった、という事もあります。逆に入試日程後半の方が難易度も増したという中学もあります。難関校となると、多少の変動があっても難易度の高さは他の学校に比べて上ですからそう変わる事がないと思いますが、少しでも低い入試日程を選ぶのが、合格の秘訣とも考えられます。

複数回の入試を行う中学については、その学校を第一志望と受験生がその学校に入りたいと熱意を強く持っている場合、ボーダーライン、ぎりぎりのラインにいる受験生に対し熱意を強く持っているお子さんを合格させるとも言われていますので、面接などで熱意をしっかり伝える練習も欠かさず行っておきましょう。