小学校の受験や幼稚舎の受験では、ご両親の職業が関係するともいわれますが、中学生になる年代では両親の職業うんぬんより、受験されるお子さんがどのような子なのか、その本人が一番関係していることです。両親の面接を行う学校もありますが、面接では非常識でない状態であれば、お子さんの受験の合否に大きく係る事はないでしょう。

中学受験で両親の職業などがかかわる、どのお子さんの親御さんも社長さんや有名企業の重役さんだという話を聞くことがありますが、実際に中学受験のある中学校に通っているお子さんをお持ちの保護者の方に聞いてみるとそういったことも少ないようです。

もちろん社長さんや有名企業の重役さん、その他弁護士や医者などのお子さんが同級生という事もありますが、一般的職業の両親をお持ちのお子さんも多く、また職業を明かす機会なども少ないといわれます。

テレビドラマのイメージなどから、会合などの際に立派なブランド物のお洋服を着て、高級車で通っているというイメージがついてしまっていますが、そういう方もいれば、普通の方もいるという事です。両親の職業が合否に関係するという事は一切ないので、そういった心配をするよりもお子さんの勉強がしっかりでき、リズム良い生活を送り受験日に万全の体制で行けるように心がけてあげましょう。