中学受験では内申書や調査書よりも学力テストが重視される傾向が強いです。もちろん面接の際に、その学校の特色や指針を理解し、そこに魅力を感じて強く入学したいといえることも必要です。また通知書や内申書を提出する事が必要な学校では、欠席や遅刻の状況等を確認し重視する傾向にあるので、小学校5年、6年でなるべく欠席などしない生活が必要ということも重要な事です。

ただ学力については高校の推薦入試などのように通知表の点数がいくつ以上でなければ受験資格を得られないという条件が少なく、中学受験の場合は入試で受ける学力テストの結果が非常に深く関係すると考えられるので、学力を向上させることは大切です。

一般的に現代の中学受験では4教科入試が多くなっています。国語、算数、理科、社会の4教科の受験です。2教科受験だった学校も2教科、4教科の選択入試に変更した学校も少なくありません。どの学校を受験するか志望校が設定されていないお子さんは4教科の学習を行っていくことが必須となり、狭き門となる難関中学受験を控えているお子さんは、苦手科目をなくし、4教科で万遍なく点数を取れる実力を備えておくことが重要です。

難関中学は全国から受験することもあり、レベルが非常に高くなっています。苦手科目で平均点を落とすという事は不合格に直結します。得意科目のレベルアップと共に苦手科目もできる限り克服し、1点でも多く取れるように努力しましょう。