中学校までは義務教育だから、地元の公立中学校にいってその先、高校で進路を決定し受験を考えればいい、という保護者もいますが、最近は高校への基礎学習として重要な中学時代にある程度高いレベルの中学を受験し、学力の質を向上させてから高校受験、大学受験をさせたいと考える保護者も多くなっています。そのため、中学受験を行うお子さんも多いです。

よく、地元の学校以外、中学受験をしても受かりづらいという意見を聞きます。例えば中高一貫教育で地元優先と公言している学校であれば地元のお子さんは受かりやすい、地元以外のお子さんは受かりづらいという事があるかもしれません。そのほかの学校については、地元の学校以外受かりづらいという事はないでしょう。

中学受験を行う学校の目的は、その学校に行きたいと強く希望するお子さん、学力の豊かで向上心のあるお子さんを入学させたいと考えています。地元だろうがどこだろうが、入学したいと強い意志をもって受験するお子さんは向上心豊かな魅力ある人材です。逆に、学区外、地域外からその学校に入学したいと受験してくるお子さんに、より向上心を感じる学校も多いかもしれません。

公立の学校にも確固たる学区が存在しなくなっている現在です。地元だとかそういったことを気にせず、本当に行きたい学校を受験すべきです。