公立中学校は義務教育の中で受験等行うことなく入学できる中学校ですが、私立中学や中高一貫教育を行う学校などは受験し合格する事で入学する事ができます。私立中学や中高一貫教育を行う学校はそれぞれに指針やモットー、教育の個性化がされている学校なので、特色がそれぞれにあります。その特色や学校の教育方針などを保護者、受験するお子さんがそれぞれ受験までに理解しておく必要があるのです。

入試では面接を行う学校が多くなっており、希望する学校の教育方針や特色について質問されることも多いです。その学校を希望したからには学校の特色を理解し魅力を感じているはずです。そのお子さんにとって特色ある学校のどこに魅力を感じたのかを質問されることが多くなっています。つまり、学校が求めるカラーがあり、そのカラーに沿ったお子さんになれるのかどうかを見る、とも考えられます。

学校が求めるカラーに受験時、合っていなければならないという事はありません。その学校に入学し、学校生活を送る際にカラーにあった行動ができる子なのかどうか、という事を見ます。学校の教育方針や特化した部分をよく理解し、そのことについてしっかり自分が感じた魅力を説明できれば問題ないでしょう。