昔から受験というとコネがあると有利に運ぶなどいわれてきました。ただ本当にコネが入試で存在するのかどうかという事についてははっきりしていません。例えば、ある学校の理事長を務める方が懇意にしている企業の息子さんが、あまり成績が振るわない状態だったのにその学校の試験に合格したとか、逆に理事長のお子さんなのにその受験に失敗したという話も聞きます。学校によってという事もありますが、コネが全く存在しないとは言い切れません。

定員割れを起こしているあまり人気のない私立中学などでは、塾の中に推薦枠があるとまことしやかにいわれています。これについても確かなものではありません。中学の中には大手進学塾に推薦枠を設けいい人材を確保したいと考える事もあるのかもしれません。ただ、本当にこうした契約的なものがあるかどうかこれもはっきりしていません。

一ついえることは、コネなどに頼ることなくお子さんにしっかり勉強をさせてほしいという事です。成績がある程度あり、そのことから優位に受験できるようにという事でも、全く届かない成績であるにしても、フェアでないことをして入学してお子さんが嬉しいでしょうか。

成績が追い付かないような学校に仮にコネで入学しても、日々の勉強に追いついていくことができず落ちこぼれてしまう可能性が高いですし、成績があるのにコネがあったらしいなどと噂されたらお子さんがかわいそうです。正当にまっとうに受験し、お子さんの実力で受験戦争に打ち勝つことが受験にとって重要な事なのです。