中学受験では保護者面接を行う学校も多く、特に女子校などでは保護者の面接が多く行われています。学力試験ほど重要視されていない両親面接ですが、お子さんの学力がその学校のボーダーラインとなる場合、親御さんがどのような方だったのか、両親面接の際の印象が大きく関係する事があります。

学校にとって保護者がお子さんにどういう対応をしているのか、どの程度の距離感を保っているのかは非常に重要なことです。子供としっかり会話を行い、学校の事、お友達とのことなどに精通しているか、またお子さんが行きたいと希望している学校の事を、保護者も協力していかせたいと感じ、その教育方針等を理解しお子さんの教育に協力的なのかどうかなどを面接の際に判定します。

お子さんを理解しその第一の協力者、理解者となっているかどうか、これはお子さんが成長していく過程で非常に重要な事となります。学校側としては教育に理解があり、学校を理解し、共にお子さんのために尽力できる保護者が必要となるため、面接によってその判断をするわけです。

保護者面接は減少傾向にあるとはいえ、面接がある学校を志望されるのなら、面接でどういったことを質問されるのか、その質問に自分の言葉で回答できるかどうか、しっかり練習しておく方がいいでしょう。