私立中学を受験される場合の入学基準についてですが、日本国内では初等教育課程を修了しているもの、入学する年度初めの時点で初等教育課程を満たす見込みがあるものが受験資格を持っている、という事になります。

日本の小学校で教育を受けていれば病気などで長期欠席がない場合、初等教育課程を通常通り卒業見込みとなる小学生が受験するという事になりますが、各学校によって入学基準が異なります。そのため、受験される学校の入学基準をしっかり確認する事が重要となります。

ある中学校では入試の出願資格に小学校卒業見込みと共に、健康であること、また「本校教育方針を理解されていること」とあります。これに加えて通知表の成績、さらに学力テストで振り分けが行われるわけですが、入学基準としては、健康でありこれから通いたいと思う学校の教育方針を理解していることという2つが入学基準となる訳で、それほど難しい条件が付けられてることはありません。

ただ、学校によっては欠席日数が多い場合、受験できない可能性があると条件にのせているところもありますので、ここはしっかり確認が必要ですし、中学受験を考えている保護者の皆さんは、日々の生活の中でリズムを作り、欠席、遅刻をしない生活を心がけていくことが重要と考えておきましょう。