中学受験でも高校受験でも、また大学受験でもどこの塾に行くか、保護者の皆さん、学生の皆さんは悩むことでしょう。集団塾にするか、それとも個別指導塾の方がいいのか、家庭教師がいいのか、これもまた悩みます。中学を受験される際、塾に行くことを選択されるのなら、大手塾に行くことが大切といわれているのをご存知でしょうか。

中小塾でも指導がうまい講師がいて、小学校の成績がぐんと上がったなんて噂を聞くと、その塾に行かせる方がいいかしら?と保護者の方も思うでしょう。そこがたとえ中小塾だとしても、子供の同級生の成績がみるみる上がっていくとなると、きっと指導方法がうまいに決まっていると考えるのは当然です。

でもちょっと待ってください。もちろん今の成績を上げるという事も重要ですが、難関校受験ほど学力同様非常に重要な点があるのです。それは、「情報」です。

中小塾でも受験の基礎的な情報は入ってくるでしょう。入試問題の傾向なども過去問を利用する事で勉強もできます。でも大手塾に入ってくる情報は中小塾と比べ物にならないほど詳細です。細かく新しい情報を常にオンタイムで入手できるというのは、受験にとって非常に大きな力となります。中小塾では受験が不利といわれるのは、受験にとって最も重要ともいわれる情報力に違いがあるからなのです。