中学受験の際に受験される学校によっては、学校長の調査書の提出を求められることがあります。入試の際、この調査書に記載されている内容を点数化したものが内申点と呼ばれ、受験合否に深く関係するものといわれています。中学受験の場合はどうなのでしょうか。

小学校、中学校は義務教育なので通常近くの公立中学校に行く場合、無試験入学となります。調査書、つまり内申に関わる書類を提出するのは、中学入試を行っている中学校に限られます。最近は調査書の提出ではなく、「通知表の写し」を調査書同様の扱いとして提出を求める中学校も多くなっているので、中学受験の際に関わってくる内申書は、イコール、通知表となる事も多くなっています。

中学受験の際に、この内申書で学校側が何を一番見るのかというと、出席日数や遅刻、早退などです。中学受験では、高校や大学とは違い、内申書を重視するという事ではなく、入学試験の学力テストや運動能力テストなど特化した部分に重点を置くことが多いので、通知表でよほど欠席が多い、遅刻が多いという事でなければ、中学受験ではそれほど心配はいらないとされています。

ただ学校によっては内申を重視するという学校が無きにしも非ずです。成績はなんとか勉強を頑張ってあげることができますが、欠席、遅刻は後からどうする事もできません。病気以外、出来る限り学校を欠席しない、遅刻しないという事を考慮すべきです。