中学受験を考える時、高校の受験のように内申書がどう関係してくるのか、保護者としては気になるところです。以前よりも中学受験を考えている保護者が多くなっている現状を見ると、中学受験ではどのような点が合否判定に関係してくるのかを理解しておく必要があります。

高校受験などでは遅刻や欠席日数などが深く関係してくるといわれます。中学受験で遅刻はどの程度響いてくるのか、実は遅刻については学校によって見方が違います。例えばある中学受験を行う学校では、願書提出の際通知表のコピーが必要ありません。この場合、入試の学力テストのみで判断するという事になります。でもある学校では願書を提出する際、学校長の調査書、通知表のコピーが必要です。またある学校では通知表のコピーだけ願書と共に提出し、学力テストを受けます。

学校によって、遅刻や欠席などを見るか見ないかに、違いがあるという事です。ただ、当然ですが、中学校側は「元気に学校へ通ってほしい」という思いを持っています。そのため、中学受験の説明会などに行くと、通知表の遅刻の状況や出席日数を重視して確認していますと説明を受けることもあります。

もしこれから中学受験を考慮されるのであれば、せめて、小学校6年生、1・2学期の遅刻、欠席を無くす、できれば、小学校5年生くらいから病気以外の欠席や遅刻を無くす努力をすることが求められます。