大学に進学する際に、学校推薦枠を利用して受験し進学される高校生も多いです。高校受験の際に、将来志望する大学の推薦枠をある事で、志望高校を決定するという事もあるでしょう。学校に志望する学校の推薦枠があるという事は、その学校で一定の成績以上の成績を継続していれば、合格できるかどうかの一般入試を行うことなく、楽に入試を潜り抜ける事ができるのですから、これは非常に大きなメリットです。大学や高校に学校推薦枠がある事は多くの方がご承知だと思いますが、実は中学受験にも、学校推薦枠が設けられているところがあります。

高校で難関校の受験を行うよりも、中学で受験した方がいい、中学で受験するよりももっと下の年代で受験しておく方が、子供にとっても楽な選択として、多くの保護者が小学校受験、また幼稚舎の受験等、低い年代での受験を行っています。

中学校受験も一時期横ばい、減少した時期がありましたが、今はまた増加傾向になりそうな勢いです。そんな中、もし行きたい中学の学校推薦枠が設けられている小学校があると知れば、魅力を感じる保護者は多いでしょう。

今は限られた学校で実施されている学校推薦枠ですが、中学校としても、優秀な児童が多い小学校の人材を推薦枠によって吸い込み出来るのなら、より優秀な人材を確保する手段となります。この先、中学校で推薦入試を行っていく中学校の中に、学校推薦枠が多くなっていくことも予想されます。