現代、将来を考慮し中学受験にチャレンジする事は珍しい事ではなくなっています。一時期は経済的に不安定な情勢が継続し、中学受験を考える余裕がない家庭が増えたことで受験率が減少していましたが、現在、ある程度経済状態が安定したこともあり、受験説明会などはかなり盛況な状態です。

最近は中学受験でも推薦入試を狙うご家庭が多くなっています。中学受験で推薦がある事を知らない保護者の方もいるようですが、推薦入試を行う学校も徐々に多くなってきていて、各学校それぞれに推薦入試に種類があり条件があります。

中学の推薦入試は専願入試、第一志望入試とも言われています。高校や大学の推薦入試のように一般化されていないという事もあるので、どのくらいの成績があればいいのか、どのような条件があるのか、保護者の皆さんには気になる事が多いと思いますが、推薦を受けるという事は、それなりの成績やスポーツ、学芸などにおいて一定レベル以上の実力があることを証明する事が必要だと考えておく方がいいでしょう。

中学の推薦入試

小学校の校長先生から推薦状をもらうためには、その小学校で推薦できると考えられると一定の成績を持ち、なおかつそのほかの活動などについても積極的で、推薦できるべき生徒であることが求められます。

また、志望する学校しか受験しない、推薦入試によって合格したらその学校に必ず行くなどの条件をもって、学校長が推薦状を書いてくれるのが一般的です。一般入試よりも有利に受験できるのですから、成績がすべてではないにしても、成績が一定のレベルにあることが条件と考えておく方がいいでしょう。